霧が晴れていくような落ち着きを感じ始め

先生

なんだか

だんだん

わかってきました。

 

わかってきた‥というか

色々感じ始めています。

まず『薄っぺらい』に思いを巡らせています。

『薄っぺらい』とは何か

『薄っぺらい』と感じるのはどんな時?

無意識だけど‥確かに何かしらの印象がすでにある人に対して

ふとした瞬間に感じるものですね。

浅野忠信の例えもすごくいいです。

近所の見るからに庶民的な底の浅いオジサンじゃないところが。

 

 

あと

おかしいと感じたとしても

一生懸命 好意的に解釈(変換)していたこと。

子供のような単純さに唖然としたり

一種の躁状態で うざくてドッと疲れたり

通常ならただの変態 ちょっとこの人異常?と感じても

なんて純粋な人!みたいな解釈になってしまうのです。

そう思わないと付き合っていけないからです。

これってDVの心理状態と同じですよね‥

恋は盲目、痘痕も笑窪とはちょっと違う気がする。

 

 

『なぜそんなにも彼に惹かれていたのか』

昨日はそこにとても引っ掛かっていました。

今だってまだ説明がつくことでもないのですが

不思議とどことなく霧が晴れていくような落ち着きを感じ始めています。

彼からふわりと蝶が飛び立つように

心が離れていく感じ。

きっと私の頭が整理して理解していく速度よりずっと早い

私の中の何かが結びついた?治まった?のかもしれません。

 

昨日の時点でふと重なった過去のセラピーを

遡って見返してみると

2018/2/7の光の言葉じっくりコースで

テーマは『断れない』でした。

その時の記録には世間的、格付け的には底に位置している人に

私は気を使っている でした。

「かわいそう・気の毒」+「私を舞い上げてくれた」がセットで

『カスに遠慮する、気を遣う』でした。

‥これって^^; 可笑しいくらい今回のケースにはまっていませんか?

 

 

追伸

今回、遡って記録を読んでいくと

他にも色々な要素が相まってこんなことになったかもしれない

あらためてフォローアップをしてみるのもいいかもなぁ‥と感じています。

続きを話したかったのですが‥もう少し感じながら様子を見ます。

先生

昨日のセラピーありがとうございました!

 

 

 

今までの自分では考えられないことで、あり得なかったことで

 

 

先生、今日思った事の感想を送らせて頂きます。

去年の終わりから、接客以外の仕事がしたいと思って掛け持ちで働いてましたが、働くのが嫌な店もあってなんだかやっぱりうまくいかないな……って思っていた中  今年に入って

自分にとって何よりも一番大事な、猫の〇ちゃんが死んでしまってポカンと穴が空いてしまったのですが、
〇ちゃんの介護でバイトを休ませて欲しいとのやり取りにおいて、今後続けようかどうしようか迷っていたバイトを辞めることにして、今働いているバイト先一本にしました。

先日、コロナの影響は大丈夫って話したのですが、小池さんの自粛するように会見から影響が出始めて今は店の来客がかなり減って、仕事にも影響が出始めています

そんな中、今の会社はバイトも大事に考えてくれて、社員が有給使ったりして休みにしてその分バイトが少しでも働けるようにしてくれたりして

その上、やっぱり全体の売り上げとか、食材のロスや質、社員もバイトも皆の雇用とか色々考えたら、
急遽、まだ何1つ決めてないけどとりあえず、明日からランチやろうぜ! 皆で頑張ろうぜ!って今日の今日でなりまして (系列店舗でランチは夜より少しでもお客さん来てくれてるからってのもあり)

ランチで人が来たらコロナにかかる可能性増えるでしょ!と言われちゃうとそうなのですが……

なんか、こんな風にバイトさえも大事に考えてくれる職場に出会えるなんて、今までの自分では考えられないことで……
あり得なかったことで……

この先コロナの影響でどうなるかはわからないにしても、こんな職場に出逢える自分になっていたことを知って、凄く嬉しくなりました⭐
そして、会社にも凄い感謝の気持ちが持てていて、嬉し泣き状態です (ノ_<。)

〇ちゃんのことも、物凄くツライですが、〇ちゃんのことがあったからこそ嫌な職場から離れる事ができて今の職場一本にできたので、〇ちゃんにも最後まで感謝いっぱいです

コロナで不安な日々が続いている中、今とっても幸せな状況なんだなって思っています

とは言え、ランチやったからってお客さん来るとは限らないし、バイトの時間削られないとも限らないから、今後のお金の保証は全く無くて安心していいって事ではないですが。。。

鳥のぼんじりの毛穴を見るたびに、ぶつぶつ気持ち悪い病との戦いでヤバい仕事内容もありますが、ここで続けていけたらな〜っていう初めての経験をしております。

最近セラピーしたくても全然出来なくてツライ日々ではありましたが、これまでのセラピーの結果だったり、セラピー出来ない間に自力で何か出来たことの結果で今良い感じになってきている今日にとってもホッとしました!

コロナに気をつけつつ、ネガティブに神経質になり過ぎずに、バイトは頑張ろうと思った今日でしたとさ。

 

ちなみに……

生きてる意味なんてないし、何も良いこと無い人生今すぐに終われば良いのに  といつも思っていたけど、今日幸せな状態なんだなって
そんな世界だったら、もうちょっと長生きしても良いかな
なんてチラッと一瞬だけど思ったりしました

気持ちの変わりようが速いから、いつまでそう思ってられるかは謎ですが 笑

 

 

 

 

体は心は前へ前へ行こうとしています

〜七瀬の引き出し(これまで受けられたセラピーから把握できているエネルギーを基にしたセラピー)

 

〇〇(猫の名前)は昨夜21:00前後に永眠しました。

痛み止めの副作用を始め、負担がかからないようにと考慮の末
「寝ていることが多くなる薬」を与えることとなり
それでもあまり効かないと思っていたのですが

18:00頃からもう動かなくなって

 

意識が戻っても微かに一声弱い声で鳴いたり手や顔を不思議な動きで動かすだけで

ずっと昏睡しているようでした。

 

時々呼吸しているか見ていたのですが

いつの間にか‥(たぶん手や顔を動かしていた時が最後の時だったのかもしれません

呼吸していないことに気付いたのは

まだそんなに時間が経ってはいなかったと思います。

その時の〇〇を腕に抱いて見守れなかったことは心残りですが

眠る薬を選択した時既にそれも覚悟していましたし

眠るように逝ってほしいと願っていましたから‥

 

そして先生

私、今朝思いました。『誰かに話そう』

これからでもそう心がけていこうと。

 

朝食の時間にダンナさんと〇〇のことを話していたら

涙がこみ上げてきてまた泣いてしまいましたが

その時に同時進行で感じたことがありました。

じつは私 最初の飼い猫◇◇が死んで

〇〇を迎え入れたのはその1年後くらいとずっと思っていたのです

 

ダンナさんは2年くらいだよと言うのでちょっと驚いたのですが

更に驚いたことに

〇〇が今までで何年生きたのかなんだか確認したくなり

ふと昨日 メモを見ていた時なんと!‥5年も経っていたのですよ。

私は5年間ずっと彷徨い苦しんで閉じこもった世界に居たのですね

これはきっと人に話さなかったインドアの世界に生きていた私そのものだと感じました。

 

そして。

確かに私は子供の頃からずっとインドアの世界で生きてきて

他人に自分の辛さを話さずに来ました。

 

正確に言うと結婚したころダンナさんのお母さんや叔母さんに話したことがあるのですが

空気的に結果話さない方が良かったという気持ちになっていて

また仲良くなった年上の女性2人にも話したのですが結果気まずいことになり付き合えなくなるという

嫌な経験もあり、ますますインドアになっていったのです。

 

そんな私が唯一話せたoutできたひとが先生だったのですね。

私はよくわからないなりに外に出す手段を方法を先生に向けていたんです。

 

◇◇が死んだときの激しい後悔を2度と繰り返したくなかったし

〇〇のことは後悔も悲しみも無いくらい頑張ったつもりでしたが

やはり時間とともにさまざまな涙が‥

 

 

先日のペットシッターさんにお会いして話した折の

特に今の私達に助けになるようなことはなかったけれど‥

『追ってメールしたかったこと』とは

 

私の中で驚く変化が起きたことでした。

先生が何度となく「外へ助けを求める相談する」を私に進言していた時

今までの私は「はぁ」というまったくその気が起きてこない

何をどう相談するの?という動かないエネルギーの中でぼんやり響いていたのですが

 

シッターさんと会った直後位に

今後私達が無関係ではいられなくなる母の介護周りの厄介な諸々のことなど

相談するべきは今なんだ!と目が開いた気がしました。

 

何をどうしたらいいのかまだ具体的に困窮していない今が一番大事な一歩の時なのだと。

〇〇の苦しみと辛かった日々の様々なものがあって

こういう人たちのことを知っていたら

もっと早くに「小さな選択の積み重ね」があって違う流れもあったかもしれないし

今となっては ですが

この辛い経験によって回避できたこと、もっと楽に進めたかもしれないこと

その都度何もわからない中で悩み、抱えるのではなく

様々な選択をアドバイスしてもらうパイプを今から持たなければならないのだと

目が覚める思いでした。

 

今朝思ったこと。

それぞれに様々な「天寿を全うする」があるのですが‥

私にはやはり〇〇が可哀想すぎてあんなに苦しまなければならなかった理由が

納得できなくて‥私はよほど前世で業の深い所業があったのかと因果応報だったのかと。

 

悲しみの中にどっぷりと浸かり5年間囚われ続けた◇◇の死があって。

切ないほど可哀想すぎた〇〇の死があって‥

それでも私は今、泣きながら痛みを感じながら体は心は前へ前へ行こうとしています

 

 

 

私が信じていい前に進む光

ブログ読みました。

読み始めてなんか‥一瞬変な感じを覚えました。

『子供の頃、母親からひどい虐待を受けて生活をされてきた方で』

うーん‥私は未だに自分をそうだとは思っていなかったようなんです。

確かに 思い出す度‥

そして今でも そのことを話すのを躊躇するくらいのことをされてきたにもかかわらずです。

そんなことをされるに等しいことを私がしたとは今、全く思えないおぞましい仕打ち。

 

先生のブログを読みながら今になってそのことにあらためて驚いている自分がいました。

おかげでまた私の意識の一部が正常に?健全に?目を覚ましたかもしれません。

そして静かに思いました(自覚しました)

私はきっと心の底で母を許していない‥好きとか嫌い以前に。。。

 

今、母を見ていて感じる感覚はきっとそこから来ている。

子供の私は母を何度となく「許す」ことはしてきても(そうしないと生きられなかったから)

「許さない」「抗議する」「訴える」なんてことは一度もしてこなかったから

きっとおそろしく山のようにそれこそ積年の恨みが心の深い底で眠っているのかも。

今のところ私は大人を装って母にはまだぎりぎりのところで接していますが。

 

メールのタイトルに書いた『今になってまた思い出したこと』ですが

そう‥今までも何回か思い出す言葉ではあったのです。でも

今回のセラピー後にふっと思い出した時は今までとはちょっと違う感じがして。

私の中で出来たコントロールシステムは

この言葉が根源になっていた?呪いの言葉?だったのではないかと。

 

「愛とは最後まで見捨てないこと」母にそう言われたことです。

 

どんなシチュエーションだったかいつ頃だったかはっきり思い出せないですが

これが母の「愛の尺度」でした。

そして私は小学生の頃、母に「大きくなったらママを捨てて出ていくのよね」と言われ

大泣きで泣きじゃくりながら「そんなことないもん。ずっとママの傍にいるもん。」と

それこそ苦しいまでに必死で言っていたのをはっきりと覚えているんです。

 

その頃はまだ言わなきゃいけないとか言わされ感はなかったと思うのですが‥とここまで書いて

いや‥きっと私はあの頃から

母の子として自分の「努め」「役割」を理解していたように思い

今になってまたゾッとしました。

 

今回のセラピーでしっかり自分の意識に入った先生のフレーズ

『相手が弱っている困っている怒っている‥そんな時にそれを見捨てない』という私の中のコントロールシステム

先生!今書いていてびっくりです。

奇しくもここで既に先生から同じ言葉を言われていたんですね私‥

『愛とは最後まで見捨てないこと』

やっぱりセラピー直後に私が思い出していた直感は当たっていたのかもしれません。

 

セラピー後ですが

今一番つらかった飼い猫のこと

状況は良くならなくても私の意識が明晰になってきているのを感じます。

そしてそれと同時に猫に感じていた出口のない堂々巡りの「可哀想」視にも変化が。

 

『愛とは最後まで見捨てないこと』

この呪縛に今気づけて良かった。

次に来るかもしれない母の介護問題や母との向き合い方にもきっと

私らしく舵を切っていけるような‥(苦笑)

 

私は自分の中に聞こえてくるもう一つの声に耳を傾けていきます。

それこそ私が信じていい前に進む光だと。

 

今では本当に本当に生活しやすくなりました

 

「優先順位」とか「自分の選択のエネルギー」とか

いろいろと読ませていただき、思うことがたくさんありました

 

「嫌悪感」について、この約一年、アラインケアで訓練?を受け(あっという間の一年でした)

今では本当に本当に生活しやすくなりました。

いつのまにかそうなっていたので最初は自分が変わっていることに気が付かず

気が付いたときからは一つ一つが感激の日々でした

 

 

何が普通かは知りませんが、嫌悪感て普通の人は頻繁には無いことなのだと知りました

 

理屈では、あまり無いことだとわかっていたと思うのですが

私の場合は、「嫌悪感があまり無い普通の人たち」に対しても

「どうせあなたたちは楽でしょうよ!」と怒りを感じていたので

普通の人は嫌悪感があまりないということに、ポジティブなイメージが無かったのだと思います

 

今となれば、悲劇のヒロインとか自分が一番苦しいというプライドまでもあったと思います

「〇〇さんは嫌悪感が勲章のようになっている」と言われたことも、後々とても納得しました

 

一年の訓練の中で、私に何が起こっているのかを自分で把握して理解することが

どれほど重要なのかよくわかりました

よくよく考えれば、それが理解できていなければ、どう改善するかもわからないというのはもっともだと思いました

 

元々、あまのじゃくのことでセラピーを受けたことがきっかけで

アラインケアにもつながりましたが

今ではあまのじゃくさえも、とても改善されてきたと思います

 

アラインケアはセラピーとは全く違って、作業というか、人間ドックに通っているようでもあり

ちょっとした体験塾に通っているようでもあり、いつも楽しみな時間でした

(料金もお安くて助かりました)アラインケアロスになってしまったらどうしよう(笑)

 

 

ところで、この一年で、食の好き嫌いも変わってきています

嫌悪感が落ち着いてきたことと、関連しているような気がしますが、気のせいでしょうか

それに、徐々に痩せていて、8キロ痩せて、肥満ではなくなりました!(笑)

 

嫌悪感が自分の身体に負の影響を与えていたのかなと思っています

 

この一年の学びが、そのまま「アラインケアのセラピスト」として活かせるのなら

やってみたいと思っているくらいです。

今後、七瀬先生にやってほしい講習の一つです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ夢のようで涙が出てきます

七瀬先生

 

今までで一番、いいえ、今までで初めて、幸せなわっかセラピーでした

楽しい話も相談できることを知りました(^-^)

 

思えば、願いを叶えるセラピーのあと、うまくいかない方向に進み始めたとき

悲しみやショックで、他のリーディングやセッションをいろいろ受けて

なんとかうまくいくように頑張る・・・という無駄な?作業を繰り返していた過去の私

願いを叶えるセラピーではなく、普通のセラピーを受けてもやっぱり

うまくいかない方向に進むたびに、同じことを繰り返していました

 

「流れに任せてくださいね」と言う言葉など、頭にもありません(笑)

でも、今年やっと「うまくいかない方向に進み始めて悲しい時にメールをくれたら

何かわかったかもしれないのにね、だって、流れかもしれないし」みたいなことを

言われて・・・

 

今年、初めて、先生と一緒に「流れに任せる」をやってみて

今まで一度もやったことがなかったことに気が付きました。

一人ではわからなくて先生を頼って流れを整えてもらって「これがセラピーだ」とわかりました

セラピーの記録にはちゃんとヒントがあって私を助けてくれた!

「これはあなたの中にあなたを助けるヒントがあった証拠」と言われたとき、こんなヒントがあったのに

流れを信頼することができなかった自分が本当に情けなくて・・・

一方ではこんなにシンプルなことだったのだと感激しました

 

これまでの全ての点が繋がって、その後は新しい流れと言う一本のコースが現れて

そのコースをただただ歩いていただけでした

 

そのときはまだ恋人もいなかった私が、先生に結婚の報告が出来て

そして子供や両親に会わせるの相談という幸せな相談ができたこと

まだ夢のようで涙が出てきます

 

まだまだたくさんいろんな話を聞いてもらいたいのですが

やっぱりまた、わっかセラピーを受けたいと思います(^-^)

 

 

 

私は私になって私を生きたい

 

 

今日ふと思ったのです。

 

子離れできない母を疎ましく思っていましたが‥

親離れできていなかったのは私だったのではないかと。

 

私の場合

経済的にはとっくに親離れしていましたし

親を頼るとか

親に甘えるとかもまったくありえませんでしたし。

でも

そういうのばかりが「親離れ」ではないのではと思います。

 

私の場合‥

両親が仲良くしてもらうために頑張る

両親が不幸そうなのを放っておけない

母がさみしそうなのを見るとザワザワして落ち着かない

父が大変そうにしている(見える)事態を放っておけない

母が父を責めるのを 聞くに堪えなくて何とかしようとしてしまう

父が母の嫌がることをなぜかやめられないことに苛立つ‥etc.

 

もう

『自分が何とかしなくては』『両親に仲良くしてもらう』ことを頑張る

気にする〇子ちゃんから卒業したいと思います。

 

自分の気持ちに素直になること=ブチ切れる、ばかりではないのかもしれません。

どんなふうにして卒業するのかはわかりませんし

自力で出来るのかもわかりません。

 

5歳の〇子ちゃんが力を貸してくれるとしても

どんなふうに?かもわかりませんし

先生に5歳の〇子ちゃんの「両親に仲良くしてもらいたいの」を

思い浮かべるいいと言われても なんだか正直しっくりこなくて。

 

だって「仲良くしてもらいたい」はずっと苦しくて辛くて必死な〇子ちゃんになってしまう。

だから「仲良くしてもらいたいから頑張ってきた私」から卒業したいと思うようにします。

そんな私をきっとどこかで支えてくれるのではないかという形で

私は5歳の〇子ちゃんのパワーを信じたいと思います。

 

もう本当に誰のせいでもなく。

私は私になって私を生きたい‥!

 

ダンナさんに話しました。

 

頼まれていないのに

先回りしてあれこれやってしまうことをやめると。

そういうことになった経緯を私なりに説明しましたが

まぁそんなに理解できるとは思いませんし

(ダンナさん、あくびを堪えて聞いていました 苦笑)

 

でも最後に一言。

そういえば俺も頼まれていないのに引っ越しとか色々自分から手伝ったり行動してたなぁ」って。

 

ダンナさんとできるだけ共有して

自分たちのことを考え

両親と付き合っていこうと思います。

 

 

 

 

 

自分のこころの状態を軽くみないで良かったって思います

 

 

七瀬先生、こんばんは☆.。.:*・

あれから、彼の返事は以前にも増してシンプルになりました笑

更に、なかなか既読にもならなかったりというか、
前もそれ程返事は多くありませんでしたが、更に返事が減ったというのか…

でも、あまり気にならなくなってきている自分がいます(*^^*)

私自身が引き起こした今回の事件(?笑)ですが、素直にセラピーを受けて良かったと思います(*˘˘*)♡

そうでなければ、きっと今頃彼のことを探り続けていたでしょうし
もしかしたら、別れていた可能性だってあったかもしれないな…と思っています。
セラピーを受けた時は、“私ばっかり”って思っていましたが
今は、私のしたいように、私が伝えたいようにLINEのメッセージを送ることができているように思います。

申し込む時、この程度のことでセラピーを受けるなんてって思いました。
でも、なんだか私を無視しちゃいけない気がしました。
受けてみて、やっぱり受けて良かった。ちゃんと私のこころの声を聴いて良かったと思いました。

“この程度のことで” これ、危ない感覚だなぁって、今は思っています。
こころの状態(?)に、この程度も、どの程度もないよね!!って。


『彼が私の一部なら、恋愛に限らず彼のような振る舞いがあるのかも……
例えば仕事とか……』

私、何となく職場の人達の輪の中に入っていけてない…というか、距離を感じるというか、仲間になりきれてないな…
そんな風に思う時がありました。
 

仕事でも、流れが掴めなかったり、いっぱいいっぱいで周りが見えなかったりして
今までの看護師人生の中で、もしかしたら1番ダメダメかも知れないな……とさえ思っています。



でも、七瀬先生からのメールを何度となく読み返したり、この前のセラピーを振り返ったりしているうちに、
“12月から働き始めて、今月でやっと2ヶ月だというのに……私は何をそんなに焦ってるんだろう”
そんな風に思うようになりました。

もう何年も一緒に働いている人達との間に知らないことがあって当たり前だし

話題についていけないことだってあっても仕方ない。

初めてのデイケア勤務。毎日70人前後の利用者がいて、毎日来る人もいれば週一しか来ない人もいる。

それを概ね1ヶ月で顔と名前を覚えたし、失敗もしながら、協力してもらいながら
デイケア勤務だけでなく外来業務も覚えたし、処置係の業務も何とかこなせるようになってきた。

 

どこかで“このくらい出来て当たり前”を、
自分の中にも周りからの評価(皆もそう思ってるだろうという勝手な思い込み)にも
当てはめていたんだなって思いました。
誰も何も言ってないのに。

むしろ、すごいね!と言われることがあるのに。

 

うまく言葉で、どこがどう彼の振る舞いと同じようなことをしているかって言えませんが
きっとこんなところかな…って思ったことをあげてみました。

 

今日は、朝からバタバタしていて色々フル回転でした。
でも、みんなが協力してくれて、私も素直に分からないことや判断に迷うことは聞きまくり、業務を進めることができました。

そうしたら、いつも以上に細かく色んなことを教えてもらえたりしました。

彼のことも相談できたり……。

けっこう疲れてたんです。
疲れるんです。仕事。
 

だから、前の職場の方が楽だったな…また戻ろうかな…
でも、お金のこととか家からの距離とか色々考えたら今の方がいいよね…とか考えていました。


私、頑張りすぎてたんですね。
仕事も恋愛も。また骨折り損の……をするところでした。

いや、もうしていたかもしれません(^_^; )
寝る前に“愛されていないと思っている自分”を考えていました。
“何かをしなければ愛されない自分なのか”って。

今は、そんなこと全然なかったなぁってちゃんと分かります。
彼は、私のこと、けっこう好きなのかもしれない……
彼は、私のこと、かなり愛してくれてるのかもしれない……
って(笑)

それから、今日は、
兄からの「恋に盲目にならないようにな」を思い出していました。
私が今大切にすべき第一は、自分の生活と息子のこと。そこに彼のことが後からプラスされただけ。

私は私の生活を崩してまで彼に合わせることはなかったんだな……って思ったんです。

兄からのメッセージを見た時は、
“大丈夫だよ!”って、しっかり地に足つけているつもりでした。
でも、既にその時には盲目だったんだなぁって思いました。

取り留めなくなってしまいましたが、近況報告の続編でした(笑)
(その後)
今朝、気づいちゃいました(笑)

恋愛だけじゃなく、仕事でもなく、彼のような振る舞いがあるのかもの……のもう1つ。

息子に対する私の言動です。

それこそ盲点でした。

全然思いもしませんでした。

息子は寂しかっただろうなぁって、今はものすご〜く思います。
だって、私がものすごく寂しかったから。

私がしてほしかったこと、少しずつ息子にしていこうって思います。
ここ最近、けっこう仕事が忙しかったりしています。
疲れた……とは違うなんとも言えない感覚があったのですが
昨日、今日特に忙しかったのに、その何とも言えない感覚があまりないんです。

夜も、眠った感がちゃんとある気がしています。

今回の彼とのことで、こんなにもたくさんの気付きがあるなんて思いもしませんでした。
LINE消えちゃった事件も、その時感じた気持ちも、自分のこころの状態を軽くみないで良かったって思います。

きちんとセラピーを受けて良かった。

きっと色んなことに繋がっていた、“疲れたとは違う何とも言えない感覚” だったんですよね。

私が思う以上に、もしかしたら私のこころはとっくに悲鳴を上げていたのかもしれないって思ったら
ちゃんとセラピーを受けた自分を褒めてあげたいって思いました。


息子が気付かせてくれたこと、大切にしていきたいです(*˘︶˘*).。.:*♡ 

心と全身から重いのが流れていったようで

 

自分のことはわからないとはよく言いますが

セラピーを受けると自分のことってわかっているものだな〜って思うことがあります

わかっているとは言い難いかもしれないですね

うすうす察しているというのでしょうか。

困り事でわっかセラピーを受けたのですが、サイキックのことから紐解いていただいたので

私が望んでいることも明確になって、自分で自覚ができました。

時々、もやもやするのは望みと反対のことをしていたからだとわかってスッキリしました

強い思いが隠れていても、隠れようがないし、そのうち自分を振り回すというのはすごくよくわかります。

小出しに出ていた強い思いを出し切る機会も設けていただいて、心と全身から重いのが流れていったようで

心と身体が軽いです。毎日続いていた偏頭痛がおさまっているのは、そのせいかな?と思ったり。

しばらくゆるく過ごして、自分の望みの実現を考えたいと思います。ありがとうございました。

 

あのセラピーで命びろいしたと思います

「光の言葉セラピーと、わっかセラピーのくみあわせ」

 

七瀬先生

 

セラピーを受けた日に感じた、いい意味でのショックは、あれから毎日

自分を癒しているように思う日々です

セラピーで見つけた、〇〇セミナーでの例の出来事を私は今まで

懐かしい思い出だと思っていたし、あんな時もあったなぁと時々思い出す程度でした

でも確かにあの時から始まっていたのだと思います

 

今度「もし眠くなった時の意識の持ち方」も、是非、やってみたいです!

でも、眠くならなければできないので残念です(笑)

 

一言で言うと、あのセラピーで命びろいしたと思います

私の錯覚と勘違いも修正されていくようです!

私と同じような人、たくさんいたので、できることなら呼びかけて

改めてほしいと思うほどです

それにもう一つは、生きていく上でいつのまにか抜けていたところを取り戻せたようでもあります

「人生に穴があく」と先生から聞いたことがありますが

こういうことなのかなって感じました

本当に本当に、ありがとうございました!!

 

 

背筋をしゃんとした私が明日からを歩こうとしている

 

私にとってどんな仕事が向いているかというよりも

今の仕事が向いているかどうかをあまり考えたことがないことがちょっと意外でした

そしてショックでした。これほどまでに向いていないことをしてきたなんて。

こんなに長く執着してきたなんて、涙が出るほど情けない!

長い間、自分の中に蓄積された「常識」も、ガラリと変わったように思います

ショックでしたけど、心の中の掃除ができたような気持ち。

本当の執着が何だったのかの種明かしは、いわゆる七瀬マジックで・・

ショックをちゃんと感じきったら、背筋をしゃんとした私が明日からを歩こうとしていると思いました!

心の中の掃除ができたので「マイドリームリーディング」を受けてみようと思います

まさかこんな形で答えが出ていたとは!

〜復習フォローアップ〜

 

欲しいものを手に入れるセラピーとか

ポジティブヒーリングとか、これまで受けた「手に入れるためのセラピー」が

まさかこんな形で答えが出ていたとは!

本当に驚いて、セラピーの本質というものを知りました

ここ6,7年、ほとんど気が付かずにいたことのほうが

驚きだったかもしれませんし、恥ずかしい思いです

お金と恋愛の関係性とか、お金が欲しいという願いと責任からの逃避

すごくすごく、目から鱗でした

お金が欲しいと願ったのに、手に入れるためのチャンスがくるたびに

自分から避けて通っていたことを、ガツンと思い知った気がします

「今さら気が付いても遅くはないことがある」そのタイミングを今度こそ活かそうと思います

それから「(自分が受けたセラピーの)不明点が解けていけば人のセラピーが解け始める」という言葉が

すごくワクワクします。ありがとうございます!

 

 

やっと目を覚ました、目を開けた私

先送り?後回しのブログ読みました。
やっぱり私の場合は癖だったんですね^^;
不思議です。
先生のさらっと言った言葉
自分でも そんなに意識に留めていないはずの言葉
このタイミングで何気なく(笑)自分の意識に浮上するなんて‥
で、それをちゃんとすくって即行動に移してる。
あまりにも自然な流れ過ぎて‥さり気なさ過ぎて
それこそ「そんな自分を」自覚できないくらいのことなんだけど。
でもそんな感じにあれ?って「自分の変化に気づくことが出来る」私に
なんだかなっていることに意識が目覚めた感じ。
まさに病み上がりの時の
それこそリセットされた無のような状態の中
(ある意味 意識が繊細に研ぎ澄まされている感じの)
一つずつ自分が選び取っていく
日常に自分と向き合いながら戻っていく ‥そんな感じと似てる。
頼りない 心許無い感覚の中で
やっと目を覚ました 目を開けた私。
昨日の日曜の午前中
いろんな偶然が重なってダンナさんと思いがけず
長い時間久しぶりに(穏やかに楽しく)本音で話をしました。
この時の空気や話の流れを作って?いたのは
これまで先生といくつものセラピーを重ねてきた
今の私だから なのではないかと感じます。
その時の会話 先生にも聞いていてもらいたかった位
静かな納得、気づき、発見etc.に満ちていました。
きっと図らずもダンナさんの意識にも静かに何かの種を落としたのではないでしょうか?
ダンナさんとの会話は
今回申し込んだ感情プログラムに向けて
ある種プロローグのような時間にもなった気がします。
いくつかの静かに腑に落ちる印象とともに。

胸のつかえがすーと取れた感じ

 

 

先日は、わっかセラピーありがとうございました
その時、話してた、ひどい言い方の件で、
昨日、Aさんにあやまることができました。
打ち合わせの件で電話をくれたので、その流れであやまることができました。

胸のつかえがすーと取れた感じでした。

ずっと、どこかで気になっていたので、自分の気持ちが話せてよかったです。

ありがとうございます

自分の中が水のように澄むってこういうことだな

 

「未来の情報は今の自分の中にある」を読みました

七瀬先生がかねてより、一貫して言われ続けていることです

読んで思ったのは、関サバの話をしていたときに既に未来のことを知っていたとすれば

関サバの話をしていた言葉?会話?に、未来のエネルギーが含まれていたのかなと。

それで思い出しのはわっかセラピーです。

わっかセラピーを受けて、私の言葉から未来に繋がったことが何回もありました。

七瀬先生が「みえた」とか「予測した」ではなく

私の言葉だけで、未来が想定できて、先生と一緒に繋げていった興味深いセッションで

繋げてみた未来を実現してもいいし、しなくてもいいしどうするかをその場で決めたことがありました

 

覚えてますか?私は実現すると言い、ではその未来から今を振り返るということをしたら

今起こっていることが全部必要だとわかり、先生と一緒にびっくりしたことがあります

あの時のセラピーは「こんなセラピーがもしできるならやってみたい!」と思って

わっかセラピー講習を受けようと思ったきっかけでした

七瀬先生は「自分で気づき体感したことを、今、やってみたいと言ったなら、きっとできるよ」と

言われて、とても嬉しかったです。

私も今手探りながらも、自分の中にある未来を知ることがありますし

少しずつ続けているわっかセラピーでも、クライアントさんの状況把握から

未来へ動いていく要素がわかったことがあります

あの時思ったことが、今できるようになったと嬉しく思いました

自分の中に全ての答えがある。それがわからなければ、現実に映し出されていたり

現実の中にヒントがたくさんあることがわかると

見える世界には不思議なことがたくさんあって楽しいです

自分の中が水のように澄むってこういうことだなって実感しています