「優先順位」とか「自分の選択のエネルギー」とか

いろいろと読ませていただき、思うことがたくさんありました

 

「嫌悪感」について、この約一年、アラインケアで訓練?を受け(あっという間の一年でした)

今では本当に本当に生活しやすくなりました。

いつのまにかそうなっていたので最初は自分が変わっていることに気が付かず

気が付いたときからは一つ一つが感激の日々でした

 

 

何が普通かは知りませんが、嫌悪感て普通の人は頻繁には無いことなのだと知りました

 

理屈では、あまり無いことだとわかっていたと思うのですが

私の場合は、「嫌悪感があまり無い普通の人たち」に対しても

「どうせあなたたちは楽でしょうよ!」と怒りを感じていたので

普通の人は嫌悪感があまりないということに、ポジティブなイメージが無かったのだと思います

 

今となれば、悲劇のヒロインとか自分が一番苦しいというプライドまでもあったと思います

「〇〇さんは嫌悪感が勲章のようになっている」と言われたことも、後々とても納得しました

 

一年の訓練の中で、私に何が起こっているのかを自分で把握して理解することが

どれほど重要なのかよくわかりました

よくよく考えれば、それが理解できていなければ、どう改善するかもわからないというのはもっともだと思いました

 

元々、あまのじゃくのことでセラピーを受けたことがきっかけで

アラインケアにもつながりましたが

今ではあまのじゃくさえも、とても改善されてきたと思います

 

アラインケアはセラピーとは全く違って、作業というか、人間ドックに通っているようでもあり

ちょっとした体験塾に通っているようでもあり、いつも楽しみな時間でした

(料金もお安くて助かりました)アラインケアロスになってしまったらどうしよう(笑)

 

 

ところで、この一年で、食の好き嫌いも変わってきています

嫌悪感が落ち着いてきたことと、関連しているような気がしますが、気のせいでしょうか

それに、徐々に痩せていて、8キロ痩せて、肥満ではなくなりました!(笑)

 

嫌悪感が自分の身体に負の影響を与えていたのかなと思っています

 

この一年の学びが、そのまま「アラインケアのセラピスト」として活かせるのなら

やってみたいと思っているくらいです。

今後、七瀬先生にやってほしい講習の一つです!!