「セラピーの技術の宝箱♪」

 

https://coconana88.blog.fc2.com/blog-entry-5042.html

 

ブログ読みました

 

私自身のことを思い返しながら読みました

 

先生に質問をしたことで「それはダメ」「それはやめよう」「それはこうすればいい」など、ものすごくハッキリと答えをもらえたことが幾つもあり

当たり前のことですが、セラピストは友達を励ますレベルの相談ではないことを思い知りました

 

厳しい言葉を言ってくださったことも多々あり

疑問に思いながらも思い付きのようなことを言ってギリギリセーフで助かっていただけで

一歩間違えばとんでもないことになっていたかもしれなかったことも知り

ではどうすればよかったかも具体的に答えをくださり・・・

 

落ち込むこともありましたが、襟を正して前に進むことができて、今となっては宝箱に

技術が少しは増えたかもしれないと思いました

 

「自信がないと言っては何度も何度も質問をしていたからすごく伸びたね!!自信が無いっていいことだね〜」

と言ってくださったとき

自信のないそのままの自分でよかったと思えて涙が出たことを覚えています

 

 

職場でも家庭でも「できない自分」でいたくなかったので、わからないことを咄嗟に誤魔化す癖がついていましたし

小手先で適当にその場しのぎをすることもありました

 

そのわりに、人が成長するたびに、取り残された気になり

でも口では偉そうな講釈をたれていて、ほんとうにみっともない私でしたが

 

七瀬先生のわっかセラピーを是非とも自分のものにしたいという思いだけはいっちょまえにあり

七瀬先生ようなセラピーがしたいとずっと思い続けていて、やっぱりわっかセラピーに全てが含まれていると悟り(笑)

自分の個性が大事だから、七瀬先生みたいにと思わないほうがいいのかなとまで質問をしましたよね(笑)

 

先生の前では「できない自分」でいようと思いましたし、できない自分でいれるようになりました

それは先生ができない自分を受け入れてくれたからですし

なにより、先生はできる人を求めていたわけではないことを感じたからです

ちょっとでもわからないことがあると、確かめる癖が新たにできました

 

だからなのか、先生と話をするたびに日常生活の自分も変わってきました

 

「私もいつも新米の受講生で先生に学んできた」ときいて、驚きながらもこれでいいんだと思えました

 

わっかセラピーに食いついて学んでいくと、必然的にインナーチャイルドのエネルギーも学ぶわけで

インナーについて何度も質問をして、インナーを学ぶときの先生の厳しさも知りました

 

なまはんかな気持ちだったことで頭を打ったことや

インナーが生きているとはどういうことかを思い知った出来事や

セラピーを学ぶことで、自分の実生活にも次第に変化したことなども全てが宝物でした

 

自分に必要な出来事しか起きないことがよくわかりました

 

それと、自分が学びで使ったお金は必ず還元されることを待つだけではなくて

自分でその分を取り返す努力をしたことも、地に足をつける訓練になりました

 

お金や時間やいろんなことを理由にセラピーやフォローアップを受けないのは別にセラピーだけのことではなく

日常生活でもいろんなことを言い訳にしては、自分のいたらなさに向き合うことをしなかったのですが

ある時のインナーチャイルドセラピーを機に、自分のいたらなさってある種の導きなのだとわかり

すごく楽になりましたし

この度のブログを読んでもまた、パーフェクトではない自分こそがベストだと思いました

 

 

セラピーは古くなることがないから、受ければ受けるほど新しい知識と技術を得ることができる

 

そう言われていたことが今はすごく実感ができています

 

まだまだ頼りなくてわからないところもいっぱいありますが

その探求心はあなたを素敵に輝かせてるよねと言われたことを調子よく信じて

これからも、あれでよかったのかな?と思えることを消さないでいきたいと思います